フォトグラファーの武藤奈緒美です。日々感じたことや思ったことを、写真とともにつれづれなるままに。


by naomu-cyo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

大きく花火を打ち上げる〜祝・岩井直義初個展〜

 わたしの中では「満を持して」感がある。今日から岩井くんの初個展が銀座のギャラリーで始まった。

大きく花火を打ち上げる〜祝・岩井直義初個展〜_a0025490_23223122.jpg 夕方からオープニングパーティーがあるというので、それに合わせて家を出る。駅前の花屋で赤い花束をこしらえてもらった、華々しく情熱的な個展になるようにとの願いを込めて。案内にしたがって会場に着いてびっくりした。でっかいギャラリーだ。大きな花火を打ち上げたねえ、と思わず感慨深い気持ちでいっぱいになった。

 一階フロアは大きなサイズの油絵作品がメイン。入り口の赤い服を来た女性の絵がものすごく目を惹く。ここを知らないで通りかかった人でもそれを見てつい入ってきちゃいそうな絵だ。小さいサイズの作品は逢うたびに見せてもらってきたけど、大きな油絵を見るのは初めて。壮観。絵のことはよくわからないのだけど、迷いのない勢いのある筆致が感じられて、見事な肖像画だと思った。

 階段には小さめの作品が所狭しとずらずらっと。一階作品が「画家」岩井直義なら、階段と二階フロアは「絵描き」岩井直義、って感じ。あくまで「画家」と「絵描き」という言葉の語韻からくるイメージだけど。二ヶ月前に逢ったときよりさらに痩せこけていて、目も血走っていて、そういう意気込みは作品からも感じられた。すごいよ、やったじゃん!という気持ちでいっぱいになる。

 「おめでとー!」って花束渡したら、「ムトーさん、オレ4日間で1時間しか寝てないんすよー。めちゃめちゃ大変でしたよー」とすでにへろへろな様子。乾杯のアルコールが入って今にも倒れそうだ。故郷・鳥取の仲間やあちこちに散っている高校時代の仲間も駆けつけたとかで、大にぎわいだった。

大きく花火を打ち上げる〜祝・岩井直義初個展〜_a0025490_23231824.jpg 今回の個展のバックアップをしてくれた方々とお話しし、岩井くんが初個展のためにどれだけ根詰めて身を削って作品を描きためてきたかを伺った。「絵で飯食う覚悟なら死ぬ気でやれ、って言ったんですよ」と。・・・わたしは死ぬる覚悟でもって写真を撮っているだろうか、とはたと思う。写真で飯を食っていくことしか考えられない。だけど・・・。ああ、いかんいかん、手綱を締め直さねば。仕事尽くしな日々がひと段落ついて中途半端にぼやーっとしている自分の甘さに容赦なく気付かされた。そうだ、写真展があるのだから!「岩井くんすごいよー」と手を叩いている場合ではないぞよ!

 そんな熱い男・岩井直義の初個展に是非とも足をお運び下さい。きっと会場で本人が熱く作品の解説をしてくれるはず。

 「NAOYOSHI IWAI EXHIBITION 」
 
11月7日(日)〜11月13日(土)
GINZA GALLERY HOUSE (中央区銀座2-5-2)にて。
 
Commented by 久米中 at 2010-11-12 12:06 x
岩井頑張れ一同応援してます。会場に行けないのがとても残念ですが、遠くより個展の成功お祈りしてます。正月の同窓会でお会い出来るのを楽しみにしております
Commented by naomu-cyo at 2010-11-13 02:47
久米中さん・・・岩井くんの絵、めちゃめちゃ売れまくってました!飛び込みのお客さんがぽんっと買って行くのです。岩井くんの今までの踏ん張りやがんばりが実を結んでいるなあと実感しまくりましたよー!
Commented by 久米中 at 2010-11-14 18:03 x
naomuさんはじめまして。ありがとうございます。期間中は岩井君とゆっくり話も出来なく、個展はどうだったのかとても気になっていたところでした。岩井君との付き合いも20年以上の付き合いとなり今までの苦労を知っているだけに、よくここまで…そして何より個展の成功をと言う思いでいっぱいでした。
これを一歩に更なる活躍を…頑張れ岩井君
Commented by naomu-cyo at 2010-11-17 00:13
久米中さん・・・今が岩井くんにたかり時です(笑)。ほーんといい個展でした。周りに声かけして行った人たちからもものすごいいい声が届きました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by naomu-cyo | 2010-11-07 23:23 | 逢った人のこと | Comments(4)